「ダブル洗顔不要」のクレンジングはなぜオススメできないのか?

mark_batsu

ダブル洗顔不要のクレンジングは絶対にオススメできません。

もしあなたが「肌がどうなってもいいから洗顔の手間を省きたい」という理由でダブル洗顔不要のクレンジングを選ぶのであれば、何も言うことはありません。

しかし、もし「ダブル洗顔は肌に悪いという話を聞いたから、ダブル洗顔不要のクレンジングを探している」のであれば、それは絶対にやめてください。

喩えるなら、自転車をよけようとして車にひかれるようなものです。

ダブル洗顔不要のクレンジングは、肌に良いどころか、考えられる中でもっとも肌に悪いクレンジング方法なのです。

ダブル洗顔不要がオススメできない理由

「ダブル洗顔不要」というのは、正しく翻訳すれば「とんでもなく肌に悪い」という意味でしかありません。

なぜダブル洗顔が不要になるのか?

まず考えてほしいのは、なぜダブル洗顔を不要にすることができるのか?という点です。

メイク料は汗などで崩れないように油性の成分でできています。そして、クレンジング剤の方もメイクに良く馴染むように(一部の例外を除き)油が主成分になっています。

つまり、メイクもクレンジング剤も主成分は「油」です。それゆえ、クレンジングをしているとき、肌の上には、メイクという「油」とクレンジング剤という「油」が乗っかっていることになります。

これはもうほとんど、油物に使った後のフライパンのような状態です。大量の油でギトギトになっています。

さて、ダブル洗顔を不要にするということは、洗顔料を使わずにこの油まみれの肌をキレイにしなければならないということです。

しかし、よーく考えてみてください。油物に使ったフライパンを水ですすぐだけでキレイにできるでしょうか? 絶対に無理ですよね。

では、どうすればフライパンをキレイに洗浄できるか? 簡単です。台所用洗剤をたっぷり使えば、あっという間に油を洗い流すことができます。

実は、ダブル洗顔不要のクレンジング剤もこれとまったく同じ発想で作られているのです。

「ダブル洗顔不要=合成洗剤入り」

油ギトギトのフライパンを食器用合成洗剤で洗っているのと、まったく同じ原理なんですね。
岡江美希『美人肌のヒミツ』p40

ダブル洗顔不要のクレンジング剤には“かならず”大量の合成洗剤(合成界面活性剤)が混ぜてあります。

だからこそ、油分たっぷりのオイルやクリームでできているにも関わらず、水ですすぐだけで簡単に洗い流せるようになっているのです。

つまるところ、「ダブル洗顔不要」というのは、後で使うはずだった洗剤(=洗顔料)を、あらかじめクレンジング自体の中に仕込んでおいてあるというだけの話なのです。

ダブル洗顔不要だから洗顔料を使わずに済んで肌に優しい、ということにはまったくなりません。

「ダブル洗顔不要」のクレンジングは本末転倒

しかも、より重要なことは、クレンジングの中にあらかじめ混ぜておこうとすると、洗顔料よりもはるかに強力で肌に悪い合成洗剤を使わなければいけなくなるという点です。

それゆえ、「ダブル洗顔を避けるために、ダブル洗顔不要のクレンジングを使う」というのは、結局のところ、「マイルドな洗顔料の使用を避けるために、強力な合成洗剤を使用する」という選択でしかありません。

まさしく本末転倒であり、冒頭でも述べたとおり、自転車をよけようとして車にひかれるようなものなのです。

メイクが油でできており、クレンジング剤も油でできている以上、どのみち何かしらの洗剤を使わなければ洗い流すことができません。

そうであるならば、強力な合成洗剤が混ぜられたクレンジング剤を使うのではなく、マイルドな洗顔料の方を使った方が肌に負担が少なく済むのです。

ダブル洗顔不要タイプがいちばん肌に悪い

実は、わざわざ「ダブル洗顔不要」と記載されていなくても、大半のクレンジング剤には合成洗剤が混ぜられており、水ですすぐだけで洗い流せるようになっています。

もし水で洗い流せないタイプの、ダブル洗顔が必須のクレンジング剤であったとしたら、それはむしろ肌に優しい証拠です。洗顔料を使わないと洗い流せないということは、クレンジング剤自体には洗浄剤が使われていないか、もしくは使用量が少ないか、のどちらかを示すものだからです。

逆に、わざわざ「ダブル洗顔不要」と書いてあるならば、それは「合成洗剤の使用量に自信あり」ということです。つまり、「とんでもなく肌に悪いクレンジング剤ですよ」と自ら宣言しているようなものなのです。

だからこそ、ほとんどのメーカーでは、本当は水だけで流せる商品であっても「ダブル洗顔不要」とはあえて書かず、むしろ「クレンジング後に洗顔料で洗顔することをオススメします」と書いておくのです。

「ダブル洗顔不要です」という文章は、クレンジング剤の仕組みを知っている人からみれば「合成洗剤が多めに入っています」という意味でしかありません。

もともとクレンジング剤というのは肌に悪いものですが、その中でも「ダブル洗顔不要」と謳っているものはもっとも肌に悪いタイプのクレンジング剤なのです。

まとめ

以上、ダブル洗顔不要のクレンジング剤がオススメできない理由を見てきました。

ダブル洗顔を避けるために、ダブル洗顔不要のクレンジングを使う──これがどれほど本末転倒なことであるのかが、お分かりいただけたと思います。

そもそも「ダブル洗顔は肌に悪い」という認識自体が間違いです。

実際には、クレンジング剤オンリーのシングル洗顔よりも、ダブル洗顔をした方が肌に負担がかかりません。この点に関して詳しくは「「ダブル洗顔は肌に悪い」が嘘である理由」の方を参照してください。

こちらもどうぞ!

管理人のおすすめ化粧品①のバナー

↑管理人が使っているおすすめのクレンジングクリーム&洗顔石鹸を紹介している記事です。最高に肌に優しいメイク落としができますよ!

クレンジングの種類と特徴まとめのバナー

↑クレンジングの種類と違いを解説している記事です。自分に合ったクレンジングを探す際の参考に。