毛穴の黒ずみや角栓はなぜできるの?

毛穴の黒ずみや角栓の原因を誤解していませんか?

この記事では、黒ずみや角栓がなぜできるのかをわかりやすく説明しています。

もに
黒ずみや角栓の原因についてはかなりの人が誤解しているから、まずはなぜできるのかを知っておこう

黒ずみや角栓ができる人とできない人は何が違うの?

もに
黒ずみや角栓ができる人とできない人の違いは毛穴の出口部分にあるよ

毛穴部分の肌の拡大図

もに
面積的には非常に小さな部分だけど、この部分の肌がどのようなコンディションかによって、黒ずみや角栓ができるかどうかが決まってしまうんだ

毛穴の黒ずみや角栓はこうしてできる

もに
具体的にどのようにして黒ずみや角栓ができるのか、順を追って見ていこう

1)毛穴がふっくらすべすべの状態

ふっくらすべすべの毛穴

本来あるべき状態です。毛穴部分の肌がセラミドや保湿成分をたっぷりと含み、ふっくらと膨らんでいます。

このような毛穴はとても柔らかく、皮脂もスムーズに押し出されてきます。

もに
毛穴がふっくらしていれば、皮脂の量がどれほど多くても黒ずみや角栓ができることはないよ

2)毛穴がダメージを受ける

黒ずみや角栓は、毛穴がダメージを受けることから始まります。

毛穴部分の肌に含まれるセラミドや保湿成分が失われたり、表面の角質が必要以上に剥がされたりすることによって、毛穴が傷みます。

原因としては、洗顔料やクレンジング剤などの洗浄剤、物理的な刺激、乾燥によるダメージ、酸化した皮脂によるダメージなど、様々なものが考えられます。

もに
日常的なケアの中でいちばん大きいのはクレンジング剤によるダメージ。思春期などで「超」オイリー状態の人では、酸化した皮脂によるダメージもウェイトが大きいよ

3)毛穴が荒れて乾燥する

毛穴の表面がガサガサになっている図
ダメージを受けた毛穴部分の肌は肌荒れを起こし、角化が昂進します(細胞の入れ替わりペースが早くなる)。

すると、毛穴の表面が乾燥するようになって角質が剥がれてきます。

乾燥した肌に触ると、カサカサと硬く毛羽立ったような感触を覚えます。肌の表面を覆っている角質が乾燥して硬くなり、剥がれてくるためです。

毛穴部分の肌でも乾燥すると同じことが起こり、口の部分がガサガサの状態になります。

もに
この状態の毛穴を指で擦ると油っぽい角質がポロポロ取れてくる。油まみれになっているから乾燥とはわかりにくいけど、結局は粉ふき状態といっしょなんだ

4)皮脂がこびりついて黒ずみができる

毛穴の黒ずみができる仕組み
毛穴の口の部分がガサガサに荒れていると、そこに皮脂がこびりつくようになります。

健康な肌と乾燥した肌はミクロレベルで見ると、表面のなめらかさがまるで違います。乾燥した肌では表面の角質がこちゃこちゃにめくれあがっています。

すべすべのシーツに油をこぼしても簡単に拭き取れますが、絨毯(じゅうたん)に油をこぼすと毛羽立ちにまとわりついてキレイに取れませんね。毛穴でもミクロレベルで同じことが起こるのです。

こうして毛穴の口にこびりついた皮脂が酸化して変色すると「黒ずみ」になります。

もに
もしマヨネーズの注ぎ口がガサガサに荒れていたら、そこに油がこびりつくよね? 毛穴もそれとおんなじだね

5)角質が毛穴に詰まって角栓ができる

角栓ができる仕組み

さらに毛穴の状態が悪化すると、今度は角栓ができるようになります。

肌がひどく荒れたり乾燥したりすると、表面の角質がまとまって剥がれてきて白い粉を吹いたようになりますね?

毛穴部分の肌も同じように粉を吹きます。しかも、それらは毛穴の内側で発生します。

ダメージを受けるとただでさえターンオーバーが早くなるので、毛穴の内側で角質がどんどん剥がれていき、毛穴からの排出が遅れがちになります。

そうして最終的に皮脂と混ざり合ってダマになり、毛穴を塞ぐような形になったものが「角栓」です。

もに
毛穴の粉ふき状態がひどくなると角栓ができるようになる。毛穴の内側で出た粉(=角質)が毛穴に詰まっちゃうんだね

6)皮脂の分泌も活発になる

さらに、肌が乾燥すると防御反応として皮脂の分泌が活発になります。

もともと皮脂腺がよく発達している人ほど皮脂がたくさん出るようになります。

基本的には、皮脂腺の小さいUゾーンはカサつき気味で、逆にTゾーンはべたつくという人が多いでしょう。いわゆる混合肌の状態ですね。

このような「乾燥」と「オイリー」が同居した状態が、もっとも黒ずみや角栓ができやすい環境になります。

もに
肌が乾燥すると皮脂がたくさん出るようになって、黒ずみや角栓がさらにできやすくなるよ

まとめ

もに
黒ずみや角栓をなくすためには、ひたすら乾燥の改善を目指すケアをすること。それだけで毛穴はキレイになるよ

以上見てきたように、黒ずみや角栓は毛穴部分の「乾燥状態」が最大の原因になっています。

そして、その背景には毛穴が受けるダメージがありました。

そのため、毛穴の黒ずみや角栓を改善するためには、

  • 肌に優しい洗顔&クレンジング
  • 効果的な保湿ケア

の2つがなによりも大切になります。

要は毛穴の肌荒れ状態ですので、粉ふき肌にするのと同じようなスキンケアをすればいいのですね。

もに
乾燥が改善されれば、肌がふっくらしてきて毛穴そのものが目立たなくなるし、Tゾーンのテカリやべたつきも落ち着いてくるよ

適切な化粧品を選んであげれば、肌の乾燥状態を改善するのはそれほど難しいことではありません。

傷んだ毛穴のコンディションを改善して、黒ずみや角栓のできないキレイな毛穴を目指しましょう。

こちらもどうぞ!

鼻の毛穴の黒ずみ解消法のバナー

↑毛穴の黒ずみを解消するための正しいケア方法をまとめた記事です。

毛穴におすすめのクレンジングのバナー

↑毛穴の黒ずみ・角栓におすすめのクレンジングを紹介している記事です。本当に毛穴のためになる商品を探している方はぜひ。

毛穴の黒ずみや角栓におすすめの化粧水・美容液・保湿クリームのバナー

↑黒ずみや角栓におすすめの化粧水・美容液・保湿クリームをまとめた記事です。毛穴に効果のある基礎化粧品を選びましょう。

毛穴の黒ずみ・角栓の目次に戻る