真面目に治す!「鼻の毛穴の黒ずみ」の解消法まとめ

毛穴の黒ずみの正しいケア方法

鼻の黒ずみを解消できるかどうかは、毛穴ケアのやり方にかかっています。

美容の世界はもともとウソとホントが飛び交うところですが、こと「毛穴の悩み」に関してはその傾向が特に顕著です。

おそらく9割以上の人は間違った毛穴ケアをしてしまっているのではないかと思います。

もしかしたら、あなたのやっている黒ずみケアも、毛穴を広げるだけのものになっているかもしれません……。

この記事では、毛穴の黒ずみの原因と治し方をわかりやすく説明していきます。

いい加減な情報に踊らされずに、真面目な黒ずみ対策に取り組みたい方はぜひご一読ください。

絶対に失敗する「やってはいけない」毛穴ケア

  • 毛穴パック
  • 「毛穴汚れごっそり」系のクレンジング
  • 洗浄力の強い洗顔
  • 酵素・スクラブ・重曹などを使った角質ケア
  • 洗顔ブラシ

上に挙げたものは、いずれも「毛穴ケア」として勧められることのあるものです。

しかし、毛穴の黒ずみにはすべて逆効果になります。

いったいそれはどうしてなのか? 正しい毛穴ケアとはどういうものなのか? これから順を追って説明していきます。

毛穴の黒ずみの原因は「肌の乾燥」である

毛穴の黒ずみや角栓は、間違っても「毛穴という凹みに汚れが溜まって~」という単純なものではありません。

黒ずみや角栓がどのようにしてできるのかを順を追ってみていきましょう。

毛穴が目立つのは肌がしぼんでいるから

毛穴の開きの原因は「肌の乾燥」です。

肌は乾燥すると、風船のようにしぼみます。

毛穴は言うなれば「肌と肌との間の隙間」です。肌が乾燥によってしぼみ、厚みを失うと、それだけ毛穴が目立つようになります。

乾燥によって毛穴の開きが起きる図

変な言い方ですが、毛穴が目立つ人のほとんどは、「毛穴が大きい」のではなく「肌が小さい」のです。

また、肌が縮むことによって毛穴が左右から引っ張られます。これによっても、毛穴の開口部がすり鉢状に開いて見えるようになります。

肌の乾燥によって毛穴が開くというのは直感的に理解しやすいと思います。

黒ずみができるのも肌の乾燥のため

毛穴に汚れがこびりついて黒ずみができるのも、実は「肌の乾燥」が原因になっています。

肌が乾燥すると、肌表面にある角質が剥がれてきます。

角質は本来は目に見えるようなサイズではありませんが、乾燥がひどいと肉眼でも粉を吹いているように見えたりしますね。

毛穴の黒ずみで問題になるのは、毛穴の開口部の肌です。

毛穴の表面がガサガサになっている図

毛穴の出口部分も肌によって覆われているので、肌が乾燥すると毛穴開口部の表面がカサカサに荒れます。

毛穴は皮脂の通り道です。毛穴の表面がカサカサに荒れていると、皮脂などの汚れがこびりつくようになります。

こうして毛穴の開口部にこびりついた油汚れが空気に触れて酸化し、黒く変色したものが毛穴の黒ずみです。

毛穴の黒ずみができる仕組み

しかし、これだけでは終わりません。
さらにもう一段階進むと、今度は「角栓」が詰まるようになります。

角栓が詰まる原因

乾燥した肌の表面からは、ポロポロと角質が剥がれ落ちてきます。

顔や体の場合は「粉ふき」などと言われ、頭皮の場合は「フケ」と呼ばれますが、すべて同じものです。

毛穴の開口部でも乾燥すると同じことが起きます。

しかし、毛穴の場合は、狭いスペースで角質が剥がれます。しかもそこは皮脂の通り道です。

結果的に、剥がれた角質は皮脂と合体してダマになり、毛穴に詰まります。

これが「角栓」の正体です。

角栓ができる仕組み

角栓は外から入ってきた汚れでもなければ、脂のかたまりでもありません。毛穴の開口部が粉を吹き、それが皮脂によって固められたものです。

すべては乾燥が大元の原因になっている

このように、毛穴の開き・黒ずみ・角栓はすべて「肌の乾燥」が大元の原因になっています。

しばしば「毛穴汚れをしっかり落とせていないから黒ずみや角栓ができるのだ」と考えている人がいますが、それはまったくの誤解です。

毛穴はもともと汚れが溜まるような構造にはなっていません。皮脂が絶えず分泌されているので、汚れが入ったとしてもすぐに押し出されてきます。

それでも黒ずみができてしまうのは、肌の乾燥によって毛穴の表面がボロボロになっているからなのです。

この点をよくよく理解しておかないと、とんだ間違いケアをしでかすことになります。次章でこの点について見てみましょう。

「毛穴汚れの除去」は鼻の黒ずみを一生モノにしてしまう

前章で見てきたように、毛穴汚れや角栓が詰まるのは、肌が乾燥して毛穴の表面が荒れているからです。

逆に言えば、黒ずみや角栓ができている時点で、毛穴はすでに満身創痍、ボロボロの状態です。

今すぐに黒ずみを取り除こうとすると、鼻の黒ずみと一生付き合うことになってしまいます。

毛穴汚れを取れば取るほど黒ずみは悪化する

一般的に鼻の黒ずみ対策と言えば、毛穴汚れや角栓を取り除くタイプのケアに人気が集まります。

「毛穴汚れを取れば黒ずみがよくなる」という誤解に基づいたものでもありますし、「いちご鼻を今すぐ何とかしたい!」という切実な思いを反映したものでもあるでしょう。

ですが、皆さんに覚えておいてほしいことは、「毛穴汚れを積極的に除去すればするほど、いっそう毛穴は開き、いっそう角栓ができやすくなり、いっそう黒ずみは根深くなる」という事実です。

毛穴汚れの除去はかならず毛穴を痛めつける

黒ずみは毛穴の表面にこびりついているので普通は取れません。
角栓は毛穴の表面とまだ繋がっているので普通は取れません。

黒ずみも角栓も毛穴の表面と完全に一体化していて、毛穴にダメージを与えずに取り除くことは不可能です。

それは例えば、肌が乾燥によって白い粉をふいたときに、「肌を傷めずに白い粉だけ除去しろ」というのと何ら変わりません。

黒ずみや角栓を取り除くということは、毛穴の表面の角質を無理やり剥がし取ることを意味します。

毛穴パックは粘着力、角栓ごっそり系のクレンジングは強力な洗浄力、酵素洗顔料は酵素の分解力、AHA洗顔料はフルーツ酸の溶解力、スクラブ洗顔料や重曹洗顔はスクラブ(粒子)による研磨、洗顔ブラシはブラッシングによる摩擦……。

それぞれ方法は違いますが、やっていることはすべて同じです。

無理な毛穴ケアは取り返しのつかないことになる

毛穴汚れを除去するタイプのケアは、すでにボロボロになっている毛穴をさらに磨り減らす行為でしかありません。

一時的に毛穴がキレイになったように見えても、ダメージを受けた毛穴はそれまで以上に荒れ、毛穴の開きや黒ずみが悪化するのは火を見るよりも明らかです。

そんなことを繰り返していれば、次第に毛穴開口部の肌が萎縮していってしまって、取り返しのつかないところまで毛穴が広がることも十分あり得ます。

軽い気持ちで毛穴汚れの除去をしてしまうと、いざ真面目に黒ずみを解消しようと思ったときに治すのが難しくなります。最初から正しい毛穴ケアをしていれば数ヶ月で治ったはずのものが、余計なことをしたせいで数年単位の話になっていた、なんてことになりかねません。

真面目に鼻の黒ずみを解消しようと思っている方は、毛穴汚れの除去には絶対に手を出さないようにしてください。

鼻の黒ずみを治す方法は一つしかない

すでに見てきたように、毛穴の開きも、黒ずみも、角栓も、すべては「肌の乾燥」が引き起こしたものです。

そのため、正しい毛穴ケアとは、「肌の乾燥の改善」をメインテーマにしたものでなければなりません。

鼻の黒ずみは自然と少しずつ取れていっている

そもそもの話、黒ずみを解消する上で、毛穴汚れを取り除く必要なんてまったくありません。

「毛穴汚れや角栓が詰まりっぱなし…」
「取らなければ毛穴が広がっていってしまうのでは?」

それは、錯覚です。

実際には、黒ずみが常時あるような人の毛穴でも、毛穴汚れや角栓は毎日少しずつ取れていっています。

肌はターンオーバーを繰り返し、約1ヶ月周期で完全に細胞が入れ替わります。黒ずみや角栓がある人の場合は、毛穴が傷んでターンオーバーが昂進しているので、さらに短い周期で入れ替わっています。

毛穴汚れや角栓がいつまでも毛穴に居座りつづける……ということは絶対にあり得ません。

もしそんなことになれば、あっという間に毛穴はパンクしてしまいます。実際、完全に出口が塞がれて逃げ場がなくなる(=ニキビになる)と毛穴はいずれ必ず破裂しますね。

逆に言うと、毛穴がパンクしていないのであれば、毛穴汚れや角栓は毎日ちゃんと少しずつ毛穴から排出されているということです。

今ある黒ずみや角栓は、少なくとも1ヶ月後にはすべて取れていってしまい、肌には残っていません。

黒ずみは取れつづけているが、作られつづけてもいる

「毛穴汚れや角栓が詰まりっぱなし」と感じてしまうのは、古いものが取れつづけていると同時に、新しいものが作られつづけているためです。

喩えるなら、「学校には常に生徒がいる」みたいな話です。

毎年ちゃんと生徒が卒業していっているけれど、同じ数だけ新しく入学してくるので、いつ学校の中を覗いても同じ数だけの生徒がいる。事情を知らない人から見ると、「生徒たちがいつまで経っても卒業せずに居座りつづけているのでは?」と考えてしまう……といった感じですね。

私たちには「昨日の黒ずみ」と「今日の黒ずみ」を見分けることができないため、同一の黒ずみや角栓が毛穴に詰まりつづけているように思えますが、実際にはそうではないのです。

生産ラインを止めることが唯一の解決策

最初の方で見たように、毛穴に汚れが詰まる背景には「乾燥による肌と毛穴のコンディションの悪化」という前提条件があります。

この条件が変わらない限り、何度でも同じ工程が繰り返されます

毛穴パックなどで無理やり汚れや角栓を除去しても、すぐにまた同じものができます。当たり前です。肌や毛穴のコンディションは何一つ変わっていない、それどころかダメージを受けて前以上に悪化しているのですからね。

鼻の黒ずみを解消する唯一の方法は、生産ラインを元から断つことです。

新入生を受け入れるのをやめればいずれ学校から生徒がいなくなるように、生産ラインを止めることができれば、毛穴の黒ずみも角栓も自然となくなります。

ひたすら「肌の乾燥の改善」だけを考えること

鼻の黒ずみケアでは、ただひたすらに「肌の乾燥」を改善することだけを考えてください。

黒ずみの生産ラインを止める方法は、肌を乾燥させないようにして毛穴のコンディションを改善し、黒ずみや角栓の供給源を断つこと以外にありません。

「正しい毛穴ケア=乾燥の改善」ということを常に念頭に置いておいてください。

現在毛穴に詰まっている汚れや角栓などは、放っておいてもどうせ順次取れていきます。気にすれば気にするほど毛穴に負担のかかるケアをやってしまいますので、毛穴のことはいったん忘れましょう。

大元の原因である乾燥が改善されれば、鼻の黒ずみは確実によくなっていきます。

「今ある黒ずみ」を何とかしようとするのではなく、「1ヶ月後の黒ずみ」を作らないことだけを目標にして、毛穴ケアを進めていってください。

鼻の黒ずみ解消のための「クレンジング&洗顔」

ここからは、何をどうすれば鼻の黒ずみが解消するのか?という具体的なケア方法の話に入ります。

まずは、「クレンジング」「洗顔」です。

クレンジングと洗顔は鼻の黒ずみケアの生命線

鼻の黒ずみを治す上で、クレンジングと洗顔はもっとも重要なケアです。黒ずみ解消の生命線と言ってもいいでしょう。

ただし、それは一般的に考えられているような「毛穴汚れをしっかり落とすため」という意味合いではありません。

そうではなく、肌が乾燥するかどうかを決める最大の要因がクレンジングと洗顔だからです。

そもそも、毛穴の黒ずみができてしまった原因はまず間違いなく洗顔とクレンジングにあります。

なので、まずはそこを改善しないことには、肌の乾燥もよくなりませんし、毛穴の黒ずみや角栓を解消できるはずがないのです。

クレンジングはクリームタイプを選ぶこと

クレンジングには様々な剤型がありますが、鼻の黒ずみケアにはクレンジングクリームを使いましょう。

クレンジングのタイプ別に毛穴ケアとの相性を示すと以下のようになります。

クレンジングの毛穴ケアへのおすすめ度

クレンジングの中では、クリームタイプが断トツで肌が乾燥しません。

肌や毛穴に負担をかけない上に、メイクもよく落ちます。

また、メイク料を浮かせる能力も高いです。毛穴汚れは取ってはいけないといっても、毛穴にメイクが残りすぎるのはマズいですからね。

もちろん、クリームタイプなら何でもいいというわけではありません。クレンジングは商品差が大きいので、肌に優しいタイプのクレンジングクリームを選ぶことが必要です。

黒ずみ毛穴にオイル・リキッド・ジェルは避けよう

使用するクレンジングによって肌の乾燥度合いには天と地ほどの差が生まれます。

例えば、オイルタイプはクリームタイプの約3.75倍も肌が乾燥するという実測データがあるという話です
※小西さやか著『なまけ美容入門』p20に掲載のデータ

そもそも、クレンジングオイルの使用は鼻の黒ずみができる原因の最たるものです。クレンジングオイルを毎日のように使っていたら毛穴の黒ずみが治るわけがありません。

リキッドタイプもオイルに次いで負担が大きいです。ジェルは商品によってはマイルドなものもありますが、基本的には肌が乾燥しやすい性質があるのでおすすめできません。メイク落としシートは論外です。

ミルクタイプならまだ許容範囲と言えますが、それ以外のタイプを使いつつ黒ずみを治すのは非常に難しい話になります。

使っているクレンジングがダメなら、もう他に何をやってもすべて焼け石に水です。そのくらいクレンジングが肌や毛穴に与える影響は大きいのです。

鼻の黒ずみを本気で解消しようと思うなら、クレンジングだけは絶対に妥協しないようにしてくださいね。

洗顔料はシンプルな洗顔石鹸がベスト

洗顔料はシンプルな固形石けんがベストです。

シンプルイズベスト地獄

ただ、普通の浴用石鹸だと、人によっては刺激を感じたり、洗顔後のつっぱり感を覚えたりすることもあります。

できるだけ刺激を抑えて作られた、肌に優しい洗顔石鹸を使いましょう。

酵素・スクラブ・AHA・泥系などの角質ケア成分が使われたものや、「毛穴汚れの除去力」をアピールしているものは絶対に使わないでください。

洗顔料で毛穴への効果をアピールしているものは基本的に「地雷」です。全力で避けるようにしましょう。

洗顔に関しては、洗顔のやり方も大事です。

最大のポイントは、洗いすぎないこと。

黒ずみを気にしていると、ついつい毛穴を洗いすぎてしまいますが、小鼻などの気になる部分を念入りに洗ったりするのは絶対にダメです。

水に溶かして使う洗顔料には、もともと黒ずみを溶かすほどの力はありません。

黒ずみも元は「油」ですが、酸化してカチコチになった状態で毛穴にこびりついています。ほとんど「乾いた油絵の具」のようなものだと思ってください。

泡で一生懸命クルクルしても黒ずみはビクともせず、ただひたすらに肌の潤いが奪われていくだけです。何一ついいことがないのでやめましょう。

おすすめ商品

kurozumi-osusume-sappho
クレンジングと洗顔に関してはサッポーを使っておけば間違いないので、特にこだわりがなければサッポーのクレンジングクリームと洗顔石鹸を使ってください。

一般的なクレンジングクリームに比べて界面活性剤の使用量が少なく肌が乾燥しにくい、メイクは十分に落ちる、敏感肌でも安心して使える低刺激な作り、メイクとなじむのが早くて使い勝手もいい、値段もお手頃、初回はかなり安く買える、シンプルで肌に優しい洗顔石鹸も一緒についてくる……と言うことなしです。

これです → サッポーの『洗顔キャンペーン』(税込1,600円/送料無料)

クリームタイプなのでメイクはよく落ちますが、強力なウォータープルーフのポイントメイクなどを使っている場合は、落ちない場合もあるかもしれません。

そのときは、その部分にだけオイルなどのクレンジングを使うか、専用のリムーバーなどを使うようにしてください。その際は、それらの強力なクレンジング剤を鼻の毛穴に触れさせないようにくれぐれも気をつけてください。

本音を言えばメイクの方を落ちやすいものに変えてほしいところですが、メイクに関してはお気に入りなどもあるでしょうしね…。

鼻の黒ずみ解消のための「保湿ケア」

乾燥肌保湿の3種の神器

次は、「保湿のケア」です。

一般的には、鼻の黒ずみケアと言えばクレンジングと洗顔が主役で、保湿のケアは後回しにされがちです。

ですが、それは「毛穴ケア=毛穴汚れの除去」という間違った認識によるものですね。

ここまで読んでくれた方であれば、黒ずみを解消する上で保湿のケアがどれほど重要になるかは想像がつくと思います。

黒ずみの原因である「肌の乾燥」対策

鼻の黒ずみの解消に特別な化粧水やクリームは必要ありません。

ごく普通に肌を保湿して乾燥を緩和してくれればそれで十分です。

その際、できるだけ保湿力の高い化粧水やクリームを選んで使うことが大切になります。

毛穴の黒ずみや角栓ができるということは、肌が乾燥しやすくなっているということです。

肌の保湿力が低下して水分量が減り、肌が縮んで毛穴が開くとともに、毛穴の表面がカサカサに粉を吹いている状態です。

もし仮に肌の乾燥感をそれほど感じなかったとしても、毛穴部分だけが局所的に乾燥していることも考えられます。特に無理な毛穴ケアをやってきた人には、毛穴周りが集中的に傷んでいることが多いです。

毛穴は皮脂の通り道で、常に油まみれになっているような場所です。もともと乾燥しているかどうかがわかりにくい部位です。

直接的な乾燥感はなかったとしても、油断せずに保湿効果の高い基礎化粧品でしっかりケアをするようにしてください。

セラミド配合の化粧品がもっとも効果的

保湿のケアに使う化粧品ですが、毛穴の黒ずみにもっとも効果が高いのは、セラミドを配合している化粧品になります。

セラミド

「セラミド」はもともと肌に存在し、肌の水分保持の主役を担っている成分です。湿度がゼロになっても水分を失わないとされていて、しばしば「最強の保湿成分」と表現されます。

少量の配合でも抜群の保湿効果を発揮してくれるので、弱った肌と毛穴にとっては非常に頼もしい存在です。

それからもう一つ、単に保湿力が高いということの他にも、鼻の黒ずみケアにセラミドがおすすめな理由があります。

セラミドには毛穴を目立たなくする効果も期待できる

最初の方で言ったとおり、毛穴の開きや黒ずみが目立つのは肌がしぼんでいることが最大の原因です。

そして、肌がしぼむのは、まさに角層内にあるセラミドが減少しているためなのです。

セラミドは水分を抱えこんだ「水風船」のようなものです。この水風船が肌(=角層)の中にたくさん詰まっているからこそ、健康な肌はふっくらと厚みがあります。

セラミドを塗布し続けると、実測値でシワの深さが大幅に改善されたというデータがあるそうですが、これはシワが治ったというよりも肌が膨らんだためにシワが目立たなくなったのですね。
※角谷貴斗著『化粧品中身の真相』p31に掲載のデータ

これと同じことは毛穴の目立ちに対しても期待できます。肌のボリューム感が増せば、それだけ毛穴の黒ずみや角栓は肌に隠れて目立たなくなります。

さらに、セラミドは肌の角質を固めているセメントのような役割の成分でもあるため、肌表面の粉ふき状態を改善する効果も期待できます。角栓は毛穴の開口部が粉を吹いてできたものですから、その点でも毛穴ケアにぴったりの成分なのです。

おすすめ商品

小林製薬ヒフミドエッセンスクリーム
セラミド配合の化粧品には、小林製薬のヒフミドシリーズの化粧水と保湿クリームをおすすめします。

ヒフミドは、もっとも効果の高い「ヒト型セラミド」を配合している商品です。その上、セラミドの配合量が抜群に多く、セラミドの効果をしっかり実感することができます。特に保湿クリームの方は4%という桁違いの配合量になっています。

最近はセラミドを配合した化粧品がたくさんありますが、ほとんどの商品は1%以下の配合量になっています。プチプラ系になると、0.01%とかそんなものです。

たしかにセラミドは微量配合でも保湿力が大幅にアップすると言われています。しかし当然ながら、配合量が少なくなればなるほど、セラミド本来の効果を実感するのは難しくなってきます。

セラミドを肌に補うという点において、ヒフミドの右に出る商品はありません。もしこれで効果を感じられなければ、他のどのセラミド化粧品を使ってもダメだろうと思います。

また、油分が非常に少ない軽めのクリームなので、毛穴トラブルの多い人との相性は抜群です。「アルコールフリー・無香料・無着色料」の低刺激設計なのも嬉しいところです。

ヒフミドには公式にトライアルセットが用意されているので、まずはトライアルで肌に合うかどうか試してみてください。化粧水と保湿クリームを一緒に試すことができます。

【小林製薬】ヒフミドトライアルセット(税込980円/送料無料)

※より詳しい解説は下の参考リンクを見てください。

鼻の毛穴の黒ずみは着実に治すことができる

以上、鼻の黒ずみの原因と解消法を見てきました。

上に書いたことをしっかり実践することができれば、毛穴の黒ずみは着実に改善していきます。

もちろん、一日二日でいきなり毛穴の黒ずみや角栓がなくなるわけではありません。

肌に厚みがでてくれば比較的早い段階で毛穴は目立たなくなりますが、毛穴汚れや角栓がまったく詰まらないようになるまでにはある程度の期間がかかります。

しかし、毛穴ケアの方向性さえ間違っていなければ、鼻の黒ずみは改善することができる肌トラブルです。

皆さんもぜひ真面目な毛穴ケアに取り組んで、鼻の黒ずみとおさらばしてくださいね。

長々とお付き合いいただきありがとうございました!

こちらもどうぞ!

鼻の毛穴の黒ずみ解消法のバナー

↑毛穴の黒ずみを解消するための正しいケア方法をまとめた記事です。

毛穴におすすめのクレンジングのバナー

↑毛穴の黒ずみ・角栓におすすめのクレンジングを紹介している記事です。本当に毛穴のためになる商品を探している方はぜひ。

毛穴の黒ずみや角栓におすすめの化粧水・美容液・保湿クリームのバナー

↑黒ずみや角栓におすすめの化粧水・美容液・保湿クリームをまとめた記事です。毛穴に効果のある基礎化粧品を選びましょう。

毛穴の黒ずみ・角栓の目次に戻る